合宿免許のトラブル

最も合宿免許で多くトラブルがあるのは盗難です。
男女間のトラブル以上に、盗難については注意が必要です。


意外と相部屋の場合は盗難のリスクがあります。
一番合宿免許において多くある盗難のトラブルですが、よく耳にする男女間のトラブルとは比較にならないほど高い発生率になっています。
ちなみに、相部屋の場合にほとんどの盗難は起こっています。
相部屋の場合、相手が知らない人の場合には相当盗難のリスクがあります。
残念なことですが、善人ばかりが世の中にいるということではありません。


専用の宿舎を教習所が準備している場合には、ほとんどの場合それぞれの部屋にお風呂があります。
常に貴重品を持ち歩いているような人でも、財布はやはりお風呂にまでは持って行くことができません。
自分が入浴している時、ルームメイトのみが部屋にはおり、誰も目撃する人はいません。
入浴している時だけでなく、外出中や寝ている時もあります。
盗難をやろうと思えば、ルームメイトであればいつでもできるのです。


相部屋の場合は個室と比較して、予算が安くなります。
話す相手がいるというメリットがありますが、リスクがそれ以上に大きいということを覚えておきましょう。
トラブルが起きた場合でも、合宿は継続していきます。
盗難の犯人はルームメイトであると報告することは気が重いですが、やはりそのまま黙っていないできちんと報告しましょう。
できれば、個室を選択する方がおすすめでしょう。
本サイトでは、スタッフに連絡する、体験談を参考にする、病気のトラブル、についてご紹介します。